自然豊かな恵みを受けた野菜と伝統の発酵技術。田舎の一流、お届けします。



梵天丸茄子漬 供養祭

梵天丸茄子漬・供養祭とは?


昔から伝わる「梵天丸茄子」の供養をすると共に、先人の遺徳に感謝し、地域の食文化の向上と豊作の祈願、さらには茄子の恵みに感謝を捧げることを目的として、平成9年7月4日より毎年開催しているものです。

毎年7月4日にとりおこなわれている供養祭は{7.4(ナス)}にちなむと共に米沢市窪田町家中の(千眼寺)でとりおこなわれている夏祭りに合わせて開催しております。

当社は、地元に根付いた物造りを大切にしていると同時に、これからも地元と共に発展していきたいと考えておりますので、7月4日にこだわり続けているのです。

 

供養祭の様子


今年の供養祭では・・・?

今年は梵天丸茄子発売20周年の記念事業として、米沢市窪田小学校創立80周年事業に、窪田地域の特産である校章の茄子の花と葉、そして歌い継がれている校歌に関する伝承、保存の為の調査・研究事業を支援させて頂きました。

Top